50代のアイシャドウ・アイメイクの選び方・使い方

アイシャドウ・アイメイクは目元を印象的に見せるとともにくすみやシワなどをカバーする上でも非常に重要なものです。ただ一方では年齢を重ねた目元にあまり派手にアイメイクをしてしまうと不自然になってしまう面もあります。

ダークブラウンでくすみをカーばしながら立体感を

50代おすすめ化粧アイメイク

ほどほどで自然に見せながらうまく悩みをカバーする。

 

50代のアイシャドウ・アイメイクではそんなさじ加減も求められるのです。まず目元のくすみやくぼみをうまくカバーできるかどうか。

 

明るく立体的に見せたいと思うあまりカラフルに仕上げてしまいがちですが、落ち着いた印象を見せるためにもグッと抑えたカラーを使いましょう。

 

おすすめはダークブラウンのアイシャドウ。やや暗めのブラウンはくすみをうまくカバーするともに目元に立体感と奥行きをもたらしてくれます。

 

一色だと単調になってしまう恐れがあるのでうまくグラデーションを作りながら仕上げていくのがポイント、ぼかしながら自然に仕上げるのも意識してみましょう。

 

一色では地味すぎる、という方は2〜3色を組み合わせてグラデーションを作っていく方法もおすすめです。

 

その場合は不自然にならないようグラデーションをうまく作っていくこと、そしてカラーは差が目立ちにくいものを選ぶことが大事です。基本的にはあまりたくさんの色は使わずシンプルに徹したいところです。

 

それから目のたるみが気になる方は目じりを引き上げることを意識してアイライナーを使ってみましょう。まつ毛のキワの部分をペンシルタイプのアイライナーで描いていくと効果的です。

明るめで細かいパールで上品さを出す

50代おすすめ化粧アイメイク

もちろん、あまりキツい印象にならないよう、自然に引き締まった目元になるよう描いていくよう心がけましょう。

 

このアイシャドウとアイライナーのポイントを取り入れるだけでもかなり目元をシャープ、若々しく見せることができるはずです。

 

こうした方法ではくすみをうまくカバーしきれない、そんな方にはパールを使うのがオススメです。その場合にはカラーはやや明るめ、パールは目立ちすぎない範囲で粒子が細かいものを選ぶのがポイント。

 

先ほどのダークブラウンのアイシャドウは大人っぽく落ち着いた印象を引き出すのに対してパールを使うと上品で華やかな印象を引き出すことができます。

 

50代のアイシャドウ・アイメイクではいかに自然に仕上げつつ印象的に見せることができるかが問われます。派手すぎず、一見地味に見えつつも立体感と深みで大人らしい魅力を感じさせる。難しそうに思えますが、今回取り上げたようなちょっとしたコツを身につければ50代の目元にあったメイク方法を身につけていくことができるはずです。
コスメルジュ編集部が選んだ!50代におすすめ化粧品>>

50代に人気の化粧品ブランドトライアルセット

B.A

エイジングケアのTopブランド「B.A」の5品をラインで2週間じっくり試せるセット
B.Aベーシック2週間お試しセット11,000円・税込 ※通販限定
(B.Aクレンジング・B.Aウォッシュ・B.Aローション・B.Aミルク・B.Aクリーム)
さらに詳しく見る>>

ミューノアージュ

50代化粧品トライアルミューノアージュ

ハリ不足に!再生力を高めるEGFを配合した肌に優しいドクターズコスメ
10日間トライアルセット 1,650円・税込(化粧水・クリーム)
さらに詳しく見る>>

資生堂 プリオール

60代化粧品トライアルプリオール

シミ・しわ・たるみ…大人の七難を隠す50代からの資生堂の化粧品ブランド
プリオールスキンケアお試しセット1,100円・税込
(メーク落とし洗顔石鹸8g・化粧水30ml・薬用乳液(日中用)5ml・乳液7ml)
さらに詳しく見る>>

F.A.G.E.(エファージュ)

fage

たるみがちな目元口元にふっくらハリを生む!話題の酵母エキス配合化粧品
7日間お試しセット 1,300 円・税別
(メイク落としクリーム 18g・洗顔料 18g・保湿化粧水 15mL・美容液 7.2mL・保湿クリーム 4.5g・日中用クリーム 5g)
さらに詳しく見る>>