乳液の種類と乳液選びのポイント!

乳液は通常美容液の次に使用するアイテムです。油分が多めなのが特徴で肌に塗付することで油分の膜を作り、水分やそれまでに補った有効成分が表皮から蒸発して失われてしまうのを防ぐ役割があります。また膜を作ることで紫外線や外気といった外部からのダメージから保護するのも重要な役割です。

肌質によって適した油分の乳液を選ぶ

50代基礎化粧品乳液選び方

油分を補って膜を作る点ではクリームとも共通しています。ですから乳液選びの際にはこのクリームとのバランスや相性も重要なポイントとなってくるでしょう。

 

クリームの方が油分が大目なので乳液の段階であまり多くの油分を補ってしまうとクリームを使った段階で過剰気味になってしまい、ベタつきや毛穴の詰まりといった問題が起こることもあります

 

ですから乾燥肌・敏感肌の方はやや多め、脂性肌の方は少なめのものを選ぶといった工夫が必要です。

 

乳液とクリームは必ずしも両方使わなければならないというわけではないため、どちらかだけを使用することにしたうえで補う油分の量を検討していくのもひとつのポイントです。

 

そのうえで乳液の種類ごとの特徴を踏まえて選ぶ形になります。まずもっとも一般的な保湿乳液。油分を補うだけでなく保湿成分も配合されているものが人気です。

 

セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分がどれだけ配合されているかはもちろん、使い終わった後の使い心地もよくチェックした上で選んでいきましょう。乾燥肌・敏感肌で美容液だけではなかなか保湿ができないという方に適しています

 

それからティント乳液。これは化粧下地としても使用できるもので、クリームを使わずにそのままファンデーションを使うのが一般的な使い方です。

UVカット乳液はSPFやPAの数値をチェック

50代基礎化粧品乳液選び方

化粧下地はファンデーションのノリを良くし、肌の色合いを補正することができるので厚塗りを避けて自然に仕上げられるメリットを備えています。

 

このティント乳液なら油分を補いつつメイク環境を整えることができるのでまさに一石二鳥。シミやくすみをカバーしようとどうしてもファンデーションが厚塗りになってしまいがちな方、できるだけスキンケアとメイクの負担を避けたい方にとくにオススメです。

 

もうひとつがUV乳液。その名前の通り紫外線カット効果を備えているもので、油分で肌を保護するだけでなく紫外線を直接防ぐことができる点が魅力です。

 

どの程度UVカット効果を備えているのかは製品ごとに異なるのでSPF、PAの値を確認しておきましょう。

 

ちょっとした外出程度ならSPF20〜30、PA++程度があれば十分です。日焼け止めを使う手間や肌への負担を避けたい方にとくに適しているでしょう。最近ではクリームや美容液にもUVカット効果を備えたものが増えているのでそれらとのバランスも踏まえた上で選んでみることも大事です。
>>50代で使いたい乳液口コミ人気ランキング

美白乳液とは?美白乳液のメリットと注意点

美白乳液とはその名前の通り美白効果を備えた乳液のことですが、使用する際にはどのようなメリットがあるのか、使用の際にはどういった点に注意すればよいのか、ポイントを踏まえておくことが大事です。

美白効果より乳液としての役割を重視

50代基礎化粧品美白乳液

美白美容液の場合、もともと美白目的で使用するわけですが、美白乳液の場合はまず乳液としての役割をしっかり備えている必要があります。

 

そのため美白効果と乳液としての本来の効果とのバランスも求められるのです。美白効果を発揮するため美白成分が配合されているのが最大の特徴です。

 

シミの原因となるメラニン色素の生成をブロックすることでシミ・くすみを防ぐ効果が得られるわけですが、美白美容液や美白化粧水に比べると肌への負担が少ないというメリットがあります。

 

美白美容液の場合、効果を最優先した結果ハイドロキノンのように刺激が強めの美白成分が配合されているケースが見られます。ですから肌に合わないとメリットどころか肌荒れのリスクなどデメリットを背負ってしまうリスクもあるのです。

 

また美白化粧水の場合、洗顔直後の敏感な肌に使用することもあって肌に負担をもたらしてしまうこともあります。その点美白乳液は化粧水・美容液でケアをした後に油分と一緒に補うため負担も少なく済むのです。

 

この点はなかなか思うように美白対策ができずに悩んでいる乾燥肌・敏感肌の方にとって大きなメリットとなるでしょう。

乾燥肌・敏感肌の方には乳液本来の役割が物足りなく感じることも

50代基礎化粧品美白乳液

ただ注意したいのは先ほども触れた乳液としての役割とのバランスです。たとえばUV乳液には紫外線をカットする効果が備わっています。

 

美白美容液とUV乳液のどちらがいいのか?美白成分でメラニン色素の生成をブロックするのと、UV乳液でメラニン色素が増える原因となる紫外線をブロックするのとでどちらがメリットが大きいのかよく考えて選択する必要も出てくるわけです。

 

とくに年齢を重ねると紫外線のダメージが肌に大きな負担となるため、UV乳液の重要性が高くなるだけにしっかり踏まえておきたい部分です。

 

それから適度な油分を補って肌にフタをするという乳液本来の役割がしっかり備わっているか。化粧水・美容液で補った水分・美容液が蒸発しないよう油分でフタをすることで効果を高めることができます

 

しかし美白乳液の場合、美白成分が配合されていることもあって油分が少なめでさっぱりした使い心地のものが多く、乾燥肌・敏感肌の方はフタをする効果が十分に得られない可能性もあります。

 

この点は肌質によって判断が違ってきますし、油分はクリームでも補うことができますが、基本的にはフタをする効果をしっかり備えているかどうかをまず重視したうえで美白効果を見極めることになるでしょう。
>>50代で使いたい乳液口コミ人気ランキング

コスメルジュ編集部が選んだ!50代におすすめの化粧品

パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル

パーフェクトワン モイスチャージェル

4000万個突破!たるみとシミを同時に防ぐ日本で最も売れているオールインワン
4,500円→3,700円・税別 ※初めての方限定/定期コース初回2,250円(2回目以降10%OFF)税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

資生堂 プリオール

60代化粧品トライアルプリオール

シミ・しわ・たるみ…大人の七難を隠す50代からの資生堂の化粧品ブランド
プリオールスキンケアお試しセット1,080円・税込
(メーク落とし洗顔石鹸8g・化粧水30ml・薬用乳液(日中用)5ml・乳液7ml)
>>公式HPで詳しく見てみる!

F.A.G.E.(エファージュ)

fage

たるみがちな目元口元にふっくらハリを生む!話題の酵母エキス配合化粧品
7日間お試しセット 1,300 円・税別
(メイク落としクリーム 18g・洗顔料 18g・保湿化粧水 15mL・美容液 7.2mL・保湿クリーム 4.5g・日中用クリーム 5g)
>>公式HPで詳しく見てみる!

資生堂 HAKU メラノフォーカスV

美白美容液haku

次々と増える隠れジミをブロック!13年連続日本で最も売れている美白美容液
2週間お試サイズ2,700円・税込 ※数量限定
>>公式HPで詳しく見てみる!

リソウ リペアジェル

リペアジェル

口コミで50万本!コラーゲンの減少を防ぐ1滴の水も加えない高濃度美容液
たっぷり2週間お試しに今ならリペアウォーター(化粧水)もついて1,980円!通販限定
>>公式HPで詳しく見てみる!

baベーシックトライアルセット