肌の老化はコラーゲンの減少から!コラーゲンの効果と化粧品の選び方

コラーゲンの種類と特徴、そしてその効果は?

コラーゲンはたんぱく質の一種、体内に含まれるたんぱく質の中でももっとも量が多いものですが、体内に含まれているものはすべて同じ性質を持っているわけではなく、内容の違いによっていくつかの種類に分けられています。

エイジングケアにはI型のコラーゲン

コラーゲンの効果と化粧品の選び方

たとえば肌のハリを保つ働きで知られる真皮層のコラーゲンは線維性コラーゲンと呼ばれています。

 

これが真皮層の内部で網の目のように張り巡らされることで肌全体を支え、ハリを維持しているわけです。コラーゲンの中にはこうした線維性ではないタイプもあります。

 

ただ、皮膚に含まれているコラーゲンのほとんど、じつに90パーセントは線維性コラーゲンに分類される「T型」と呼ばれるものです。

 

皮膚だけでなく骨を形成する重要な役割を担っており、肌を支え、弾力やハリをもたらしています。ですから基本的にはこの種類のコラーゲンを補うことがエイジングケアのポイントとなるのです。

 

ほかの種類では高齢化の影響で注目度を増している「U型」があります。こちらは関節・軟骨に存在しており、クッションの役割を果たすことで骨に衝撃が加わるのを防いでいます。

 

そのため減少すると骨に衝撃が加わることで痛みや骨の変形など関節痛の症状を抱えやすくなるのです。またこのタイプは目の角膜や硝子体を構成する成分のひとつでもあります。

マリンコラーゲンは浸透性に優れている

コラーゲンの効果と化粧品の選び方

もうひとつスキンケアの分野で注目されているのが「V型」です。

 

こちらはもともと臓器に多く含まれているタイプで、細い繊維状をしており、組織に柔軟性をもたらす役割を担っています。近年ではこのタイプを配合したスキンケア製品も増えているのです。

 

さらに皮膚を構成する表皮と真皮をつなぐ「W型」、血管や胎盤に含まれている「X型」などの種類もあります。

 

これらの種類やそれぞれの特徴を踏まえたうえでコラーゲンをエイジングケアに役立てていくことになるわけです。コラーゲン配合化粧品をチェックする場合には種類にまで目を向けてみるとよいでしょう。

 

「T型」と「V型」をミックスさせたベビーコラーゲンなどの種類も登場しているので処方にも目を向けたいところです。

 

さらにこうしたもともとのコラーゲンの種類の違いだけでなく、原材料の違いをアピールしている製品も増えています。

 

これまでコラーゲンは豚から抽出されたものが多かったのですが、魚から抽出されたマリンコラーゲンという種類がとくに注目されています

 

こちらは従来の豚由来のコラーゲンよりも浸透性に優れているため、肌荒れや乾燥で有効成分が思うように浸透しにくい肌になっている方に適しています。

コラーゲン配合化粧品の上手な選び方とは?

コラーゲン配合化粧品は上手に選びましょう。コラーゲンとひと口にいってもいろいろな種類がありますし、配合方法や処方、さらには他の美容成分とどう組み合わせているかによっても化粧品の効果が異なってきます。

シワやたるみにはコラーゲン生成される成分を

コラーゲンの効果と化粧品の選び方

コラーゲン配合化粧品は当然コラーゲンを補うために使用するわけですが、エイジングケアにおいてはもう一歩踏み込んだケアも必要になります。

 

年齢を重ねると真皮層で肌を支えているコラーゲンが減少することでハリの低下が進んでいくのですが、これは化粧品でコラーゲンを補っても真皮層にまでは浸透しないので十分な効果は期待できません。

 

ですから真皮ジワやたるみの解消にコラーゲン配合化粧品を使用する場合にはコラーゲンにプラスしてこの成分が体内で生成されるのを促す成分が配合されているかどうかがポイントとなるのです。

 

この点ではコラーゲンを作っている繊維芽細胞を活性化させる成分が役立ちます。

 

代表的なところではビタミンC誘導体、レチノール、ナイアシン、フラーレン、FGFなど。こうした成分とコラーゲンとを組み合わせることで相乗効果が期待できるわけです。

 

それからターンオーバーを活性化させる成分と組み合わせることで乾燥ジワやシミ、くすみのトラブルの改善効果を高めることができます

 

コラーゲンと角質層の潤いとボリュームを改善しつつ、ターンオーバーの活性化で古く硬くなった角質を排出させて新しい肌へと入れ替えることができるからです。プラセンタエキスやEGFといった成分との組み合わせも意識して選んでみるとよいでしょう。

コラーゲン化粧品は浸透性が重要

コラーゲンの効果と化粧品の選び方

シミ・くすみの場合は美白成分と組み合わせていく選択肢もあるため、美白化粧品も視野に入れたうえでコラーゲンをうまく補える製品を探していくとよいかもしれません。

 

コラーゲンそのものの選び方では浸透性がまず重要になります。

 

ヒアルロン酸と同様、コラーゲンはもともと分量が大きく肌に直接塗付しても十分に浸透しにくい面があります。ナノ化で分子量を小さくして浸透性をアップしているかを必ず確認しましょう。

 

また特殊な技術で分子量が異なるコラーゲンを複数配合している製品も増えています。そうすることで分子量が小さなコラーゲンは角質層の奥にまで浸透し、大きなコラーゲンは表皮近くにとどまって保湿効果を保つことができるからです。

 

この点は浸透性だけでなく効果の持続性ともかかわってくる点なので保湿ケアを重視してコラーゲン配合化粧品を活用する際に重要になってくるでしょう。

 

このようにコラーゲンに何もを求めるかによっても選び方に多少の違いが出てくるだけに基本的な部分は踏まえておきたいところです。

スキンケア ジェル NMバランス

潤いと透明感を生む2つのコラーゲンに加えて肌のダメージを防ぐコラーゲンも配合

50代基礎化粧品おすすめフェイスクリーム

生コラーゲンということですが、特ににおいはありませんでした。ゼリー状のテクスチャーで、使用直前まで冷蔵庫に入れているのでひんやりしています。肌に広げると一瞬で浸透してしまうので、初めて使った時はなんだか物足りない気もしていましたが・・日に日に肌の内側が潤いで満たされているのか少量でぷるぷるの肌になりました。

600万本突破!コラーゲン原料国内シェアNo.1のニッピの美容クリーム。通常のコラーゲンに比べて2倍の潤いを保つ生コラーゲン、肌の奥まで浸透して内側から潤いを満たすナノコラーゲンに加えて医療用コラーゲン、メディコラーゲンを配合。潤いに加え、シミ・くすみの原因となる活性酸素まで取り除いてくれるのが大きな特徴です。コラーゲンの減少による肌トラブルに悩む50代におすすめのクリームです。
2週間お試し2,777円相当→1,080円・税込 ※初めての方限定!
公式HPへニッピコラーゲン

老化による肌の乾燥にはセラミド!セラミドの効果と化粧品の選び方

セラミドの種類と特徴、そしてその効果は?

セラミドにはいくつかの種類があり、どの種類を補うかによって効果に違いが出てくることもあります。せっかくスキンケアに役立てるならできるだけ効果が期待できるものを選びたいですから、それぞれの種類、特徴に関する基本的な知識も踏まえておきましょう。

浸透性・効果ともに優れているヒト型セラミド

セラミドの効果と化粧品の選び方

セラミドはもともと人間の体内に存在し、保湿やバリア機能を維持する役割を担っています。

 

だからこそ加齢による不足を防ぐためにスキンケアで補っていく必要があるわけですが、化粧品に配合されているのは人間のセラミドそのものではありません。どんな原材料から作られたかによっていくつかの種類があるのです。

 

現在もっと使用され、浸透性・効果ともに優れているとされているのがヒト型セラミドです。

 

これはバイオセラミドとも呼ばれ、酵母を原材料に人間のセラミドに構造を似せて作られているのが大きな特徴となっています。構造が似ているのでなじみやすく、効果も期待できます。

 

植物から抽出された植物性セラミドもあります。

 

こちらは同じセラミドでも人間のものとは構造がやや異なるのでヒト型セラミドに比べて浸透性と効果がやや劣るといわれていますが、肌への刺激が少なく敏感肌・乾燥肌の方に使いやすいメリットを備えています。

 

とくにこんにゃく由来の植物性セラミドを配合する製品が近年増えています。

低分子化されたタイプのセラミドがおすすめ

セラミドの効果と化粧品の選び方

セラミドの種類ではもうひとつ、性質による違いもあります。もともと人間の体にはセラミド2がもっとも多く含まれていることから、加齢の影響でセラミドの不足が気になっている方にはこのタイプがもっとも効果的に補うことができる選択肢となっています。

 

一方、乾燥やバリア機能の低下といったセラミドが減少する影響によって生じるトラブル対策ではセラミド1、セラミド3、セラミド6Uが優れているため、化粧品にもよく配合されています。

 

そのほか人間の体内には合計で11種類があるといわれていますが、まだ詳しい特徴・効果がわかっていないものも多く、基本的にこの4種類が化粧品に配合されています。

 

もうひとつ、化粧品に配合される過程で低分子化されたタイプのセラミドも挙げておくべきでしょう。

 

肌に塗付して浸透させる場合、分子量のサイズが小さいほうが角質層の奥まで浸透しやすくなります。そのためこうした技術を施すことで効果のアップが図られているのです。

 

セラミド本来の種類といえませんが、化粧品をチェックしていく上での重要な比較基準となるだけに頭に入れておいて損はないはずです。

セラミド配合化粧品の上手な選び方とは?

セラミド化粧品は浸透しやすいものを選ぶ

セラミドの効果と化粧品の選び方

セラミド配合化粧品を上手に選ぶためにはこの成分の特徴をよく踏まえ、できるだけ浸透しやすく、効果を発揮しやすいものを見極めていくことが大事です。

 

まずセラミドの種類。化粧品に配合されているセラミドには原材料や性質によっていくつかの種類に分けられます。

 

まず原材料ではもっとも主流になっている人間のセラミドの構造に似せて作られたヒト型セラミドがあります。

 

酵母を原材料にしているので安全性も高く、浸透性や効果にも優れています。基本的にはこのタイプが配合された製品を選ぶことになるでしょう。

 

ただ乾燥肌・敏感肌で刺激に敏感になってしまっている方にはこんにゃく由来の植物セラミドも選択肢に挙げられます。

 

刺激が気になって思うように化粧品が使えずに悩んでいる方はこちらを試してみましょう。ほかには価格が高めになりますが、動物から抽出された天然セラミドという種類もあります。

 

これは価格と効果がつりあっているか、自分の経済力で無理なく買い続けられるかなどを考慮したうえで選ぶことになります。

 

性質によっても違いが見られます。人間の体内に含まれているセラミドには11種類があると考えられており、それぞれ効果や特徴に違いが見られます。

セラミドは油分が多い製品と相性がいい

セラミドの効果と化粧品の選び方

まだ研究途上で完全に解明されていない部分もあるのですが、もっとも体内に多く含まれているのがセラミド2、そして保湿やバリア機能の改善に優れているのがセラミド1、セラミド3、セラミド6Uと考えられています。

 

そのためこれらの種類を配合しているものが多く、商品紹介ページでも詳しく説明されていることがあります。細かい部分にまでこだわって製品を選んでいきたい場合にはここまでチェックしてみましょう。

 

こうしたセラミドの種類に加えてどのような形で配合されているかも見ておく必要があります。細胞間脂質のセラミドは油溶性なので油分が多い製品との相性がよいのです。

 

そのため化粧水にはほとんど含まれておらず、クリームや乳液に配合される機会がこのところ増えています。美容液で補うだけでなく、乳液、クリームでも補いつつ保湿対策を行っていける環境づくりを意識してみましょう。

 

それからコラーゲン、ヒアルロン酸といった他の保湿成分も配合されているか、またセラミドはターンオーバーの過程で生成されるのでプラセンタエキスやEGFといったターンオーバーの活性化に役立つ成分なども見ておきたところ。

 

さらにユーカリエキス、ハトムギ発酵液といったセラミドの生成を促す成分なども併せて配合されているかどうか確認しながら選んでいけば相乗効果が期待できるはずです。

KOSE MAIHADA(米肌)トライアルセット

乾く年齢肌に!セラミドを増やして乾燥肌質を改善するライスパワーNo.11

50代基礎化粧品米肌トライアル

高保湿化粧品ですが肌触りはしっとりし過ぎず、軽い使用感でした。ですが、内側からみずみずしさがでて時間が経っても乾燥を感じることはありません。乾燥でごわついていた肌も1日中もっとりとしています。また花粉の季節になると必ず肌荒れを起こしていましたが、米肌を使い始めてから逆に肌の調子が上がっています。

肌の水分保持能を唯一改善できる成分ライスパワーNo.11を配合した米肌のトライアルセット。ライスパワーNo.11を補うことで、肌自ら潤い成分セラミドを生産。肌全体が潤いで満たされることでハリ・キメをアップし、乾燥による小じわや毛穴トラブルも改善してくれる特徴があります。高保湿ながら肌に馴染ませた瞬間から浸透するので、べたつかない使用感も刺激に敏感な50代に人気の理由です。
2週間トライアルセット1,389円・税別
(肌潤石けん・肌潤化粧水・肌潤改善エッセンス・肌潤クリーム・肌潤化粧水マスク)

公式HPへ米肌 潤い体感セット

エイジングケアの切り札プラセンタ!プラセンタの効果と化粧品の選び方

プラセンタの種類と特徴、そしてその効果は?

プラセンタにはいくつかの種類があります。これはプラセンタを配合した化粧品を選ぶ上でも非常に重要なポイントとなるだけに基本的な知識はしっかり踏まえておきたいところです。

プラセンタ化粧品の多くは馬由来と豚由来

プラセンタの効果と化粧品の選び方

プラセンタとは胎盤から抽出されたエキスのことで、単独の成分ではありません

 

そのエキスの中にグロースファクターをはじめさまざまな成分が豊富に含まれているからこそ、美容成分として非常に大きなメリットを備えているのです、ですからどの動物の胎盤から抽出されたかによって成分の種類や特徴に違いも出てくるのです。

 

現在国内で流通しているプラセンタ配合化粧品の多くは馬由来と豚由来のいずれかです。

 

豚由来は大量飼育による大量の抽出が可能なこともあって製造コストが低く、価格が安いのが大きなメリットです。

 

かつては安全性の問題や品質が問題視されることもありましたが、現在では農薬などの残留物の心配がない環境で飼育されたSPF豚から抽出されたプラセンタが主流になっているほか、かつてほど馬由来のプラセンタと比べて栄養価に差が見られないことが明らかになっていることで魅力が再認識されつつあります。

 

とりあえずプラセンタを試してみる、という方にはもっとも適した選択肢ともいえるでしょう。

グロースファクターが含まれていない植物プラセンタ

プラセンタの効果と化粧品の選び方

馬由来はかつて豚由来に比べてアミノ酸の含有量が非常に多いことで知られていました。

 

一時期は数百倍とも言われていましたが、そのデータには問題が多いことが明らかになっており、現在では1.5倍くらいだろう、というのが主流の意見です。

 

そのためかつてほど豚由来に比べて魅力があるわけではなくなりましたが、豚由来にはない種類のアミノ酸が含まれている、体温が高めなので寄生虫が少なく安全性が高いといった魅力は見逃せません。

 

どうせプラセンタを活用するならできるだけ高品質のものを、という方に適しています。

 

なお、ヨーロッパでは羊由来のプラセンタもよく利用されていますが、あまり羊の飼育が行われていない日本では流通の関係などであまり使われていません。

 

羊由来のプラセンタはアミノ酸の組成が人間の体に近いので浸透しやすいと考えられています。

 

ほかにはプラセンタ注射で使用される人間由来のもの、動物の胎盤から抽出されたものではないので本来はプラセンタとはいえないもの、「植物プラセンタ」と名づけられて流通している植物由来のタイプなどもあります。

 

とくに植物プラセンタはグロースファクターが含まれていないという大きな特徴(マイナス点)があるので注意しましょう。

プラセンタ配合化粧品の上手な選び方とは?

グロースファクター(成長因子)の働きがエイジングケアに優れた効果を発揮してくれるプラセンタ。シワやたるみ、さらにはシミ対策にも役立つことからエイジングケアに欠かせない成分ともなっています。

豚由来のプラセンタは安価で手に入る

プラセンタの効果と化粧品の選び方

人気と需要が高まっていることもあってさまざまなメーカーからプラセンタ配合化粧品が発売されるようになっていることもあり、その中から本当に自分に適したものを選んでいく工夫も求められています。

 

プラセンタが配合されているだけでありがたみを感じる時代ではなくなったとも言えるでしょう。

 

まずプラセンタの種類を確認しておきましょう。プラセンタとは胎盤から抽出されたエキスのことですが、どの動物の胎盤から抽出されたかで種類や内容に違いが出てきます。現在国内で出回っているプラセンタはおもに馬由来と豚由来の2種類。

 

豚由来のほうが大量生産できることもあって安価で入手できる一方、馬由来のほうがアミノ酸の含有量が多く品質が高いといわれています。

 

ただかつては馬由来のプラセンタは豚由来に比べてアミノ酸が数百倍も含まれているといわれていましたが、現在では数倍程度に改められており、それほど大きな差があるわけではないようです。

 

価格をとるか、品質の高さをとるか、このあたりは経済力なども考慮して判断する部分でしょう。

馬由来のプラセンタは品質が高い

プラセンタの効果と化粧品の選び方

注意したいのは本来プラセンタではない成分がプラセンタと名づけられて化粧品に配合されていることです。

 

植物由来の「植物プラセンタ」、魚由来の「マリンプラセンタ」など、胎盤を持っていない原材料から抽出されたエキスがあり、これらも優れた栄養価で美容効果が期待できますが、もっとも重要なグロースファクターによる皮膚細胞の活性化は備わっていないので注意が必要です。

 

こうした種類による選び方のポイントのほか、他の成分との組み合わせも大事な部分です。この点はプラセンタエキスをどんな目的をメインに配合しているか、その化粧品のコンセプトとも深くかかわってきます。

 

たとえば美白成分として配合している場合にはバリア機能を改善するセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸と組み合わせて配合されていることが多いですし、ターンオーバーの活性化による肌のハリの改善やしわ・たるみの改善を目的して配合されている場合にはコラーゲンの生成を促すビタミンC誘導体やレチノール、ナイアシンなどどよく組み合わせれます。

 

ですから自分がどんな目的でプラセンタを役立てたいのか、どんなトラブルを改善したいのかをしっかり踏まえたうえで相応しいプラセンタ配合化粧品を選んでいく意識も持ちたいところです。

ヴィーナスプラセンタ原液

1滴でシミ・シワ・毛穴に即感力!貴重な3大美肌成分を原液でトリプル配合

ヴィーナスプラセンタ原液

プラセンタって独特な香りがするかと思いきや、ヴィーナスプラセンタは原液でも嫌なにおいは一切しませんでした。さらっとした美容液で、洗顔後の肌でも浸透が早かったです。ハンドプレスもあまり必要ないくらいでした。この後化粧水をつけるといつも以上に肌馴染みが良くなり、開いていた毛穴もキュっと引き締まったように感じます。

3大美容成分を原液配合した高濃度美容液。プラセンタシェアNo.1のスノーデン社と共同開発した独自成分「ビューティープラセンタエキス」を始め「プロテオグリカン」「サイタイエキス」をそれぞれ100%原液のまま高濃度トリプル配合しているので美容効果をダイレクトに実感出来るのが特徴です。エイジングケアに早く結果を出したいという方に試したいプラセンタ美容液です。
30ml 4,500円・税別/定期初回1,980円(2回目以降3,600円)税別
公式HPへ

コスメルジュ編集部が選んだ!50代におすすめの化粧品

B.Aベーシックセット

ポーラ最高峰ブランド「B.A」の5品をラインで2週間じっくり試せるセット
2週間お試しセット10,800円・税込 ※通販限定
(B.Aクレンジング・B.Aウォッシュ・B.Aローション・B.Aミルク・B.Aクリーム)
さらに詳しく見る>>

パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル

パーフェクトワン モイスチャージェル

4000万個突破!たるみとシミを同時に防ぐ日本で最も売れているオールインワン
4,500円→3,700円・税別 ※初めての方限定/定期コース初回2,250円(2回目以降10%OFF)税別
さらに詳しく見る>>

資生堂 プリオール

60代化粧品トライアルプリオール

シミ・しわ・たるみ…大人の七難を隠す50代からの資生堂の化粧品ブランド
プリオールスキンケアお試しセット1,080円・税込
(メーク落とし洗顔石鹸8g・化粧水30ml・薬用乳液(日中用)5ml・乳液7ml)
さらに詳しく見る>>

F.A.G.E.(エファージュ)

fage

たるみがちな目元口元にふっくらハリを生む!話題の酵母エキス配合化粧品
7日間お試しセット 1,300 円・税別
(メイク落としクリーム 18g・洗顔料 18g・保湿化粧水 15mL・美容液 7.2mL・保湿クリーム 4.5g・日中用クリーム 5g)
さらに詳しく見る>>

リソウ リペアジェル

リペアジェル

口コミで50万本!コラーゲンの減少を防ぐ1滴の水も加えない高濃度美容液
たっぷり2週間お試しに今ならリペアウォーター(化粧水)もついて1,980円!通販限定
さらに詳しく見る>>