50代の乾燥肌の人の上手な洗顔料の選び方

乾燥肌の対策はまず洗顔料選びからはじめましょう。そもそも誤った洗顔料選びや洗顔方法が原因で乾燥を悪化させてしまっていることが多いため、その基本を改善しないことには化粧水や美容液でどれだけ頑張って対策を行っても十分な効果は期待できません。50代にもなるとそもそも角質層に含まれている保湿成分がかなり減少してしまっているため、洗顔料の選択ミスがもたらす影響も大きくなります。

50代の乾燥肌は泡立ちが良く刺激の少ない洗顔料が基本

乾燥肌の洗顔料

まず最大のポイントは洗浄力が強すぎる洗顔料は避けることです。洗いすぎると肌表面で水分を保持するための皮脂までも除去してしまうことはよく知られていますが、さらにセラミドまで洗い流してしまいます。ただでさえセラミドが不足気味の50代の肌にこうした洗い方をしてしまうと乾燥がどんどん悪化してしまうのです。あくまでほどほどの洗浄力の製品で洗っていくようにしましょう。

 

それから摩擦による刺激をできるだけ軽減できるものを選ぶこと。オールインワン化粧品が50代のケアに適しているといわれる理由もケアの際に摩擦による負担を最小限に抑えることができるからです。洗顔はもっとも肌をゴシゴシと擦ってしまいがちな作業ですから、それを防ぐことを重視して洗顔利用を選んでいきましょう。ポイントは泡です。

 

泡立ちがよいのはもちろんですが、長持ちするかどうかも見ておきましょう。例えば泡タイプの洗顔料や泡立ちをよくするために化学成分を配合している製品は泡立てやすいものの、あまり長持ちしないため途中で指で擦る洗い方になってしまうケースが見られます。

50代の乾燥肌には製品そのものが低刺激であることも大事

50代乾燥肌の化粧品

理想としては固形石鹸で濃密な泡が長持ちするものを選びたいところ。固形石鹸は泡立てるのに少々手間がかかるため、泡立てネットの活用も視野に入れたうえで選んでいきましょう。

 

バリア機能が低下している乾燥肌には製品そのものが低刺激であることも大事なポイントとなります。加えて50代の肌はターンオーバーの周期が長くなってしまっているのでダメージから修復も遅くなります。

 

できるだけ洗顔での負担を少なくするためにも石油系の合成界面活性剤や防腐剤、先ほど挙げた泡立ちをよくするための化学成分といった肌に負担をかける恐れがある成分・物質が使用されていないものがお勧めです。

50代で使ってみたい洗顔料口コミ人気ランキング

50代で使ってみたい保湿化粧品口コミ人気ランキング

50代の乾燥肌の人の上手な化粧水の選び方

50代の乾燥肌が化粧水を使用する際には保湿対策をどの程度行うかがまず第一の鍵となるでしょう。乾燥対策には保湿が欠かせないポイントですが、それを化粧水でどれだけ行っていくかでスキンケア全体の環境や美容液、乳液選びにも大きな影響を及ぼします。

50代乾燥肌の人にとって化粧水は美容液、乳液の効果を高めることを重視

乾燥肌の化粧水

結論から言えば化粧水だけで保湿を行うことは困難です。この点は世代を問わず乾燥肌のケア全般に言えることですが、50代の場合はなおのこと。この年代になると老化の影響で角質層からセラミドヒアルロン酸コラーゲンといった保湿成分がかなり減少し不足してしまっている状況です。その不足分を化粧水ですべて補うのが困難ですから、美容液や乳液で補うことも考慮しながら選んでいくことになるのです。

 

そのため、化粧水そのもので保湿効果を求めるよりもむしろ美容液、乳液の効果を高めることを重視した方が総合的な乾燥肌対策には適している面もあります。

 

もともと化粧水とは洗顔後の無防備な肌を保護し、その後のスキンケア製品を安全に使用できる状態に整えることが主な目的です。そのため保湿効果をチェックするよりもまずこの点を重視して比較検討していくべきでしょう。

 

洗顔後に毛穴が開いた状態を引き締めることができるか、突っ張った状態を保護することができるか。自分の肌質をよく把握した上でチェックしていきたいところです。

50代の乾燥肌をやわらかくする効果を備えているかどうかをチェック

50代乾燥肌の化粧品

また、乾燥肌は毛穴の柔軟性が失われて狭く硬くなってしまうなどスキンケア製品の有効成分が浸透しにくい状態になっています。それを改善するためにも保湿効果に加えて肌を軟らかくする効果を備えているかどうかもチェックしておきたいところです。

 

保湿対策は美容液、乳液、クリームで行うことができますが、こちらは化粧水でのみ行うことになるのでより重要といってもよいでしょう。

 

保湿成分に関しても知っておきたい点がいくつかあります。保湿対策においてもっとも重要なセラミドはじつは化粧水との相性がよくありません。脂溶性なので水分が大半を占める化粧水に合わないのです。ですから保湿対策を求める場合にはコラーゲン、ヒアルロン酸の補充を重視し、セラミドは美容液、乳液、クリームで行うなど役割分担も意識して選んでいくが大事です。

50代で使ってみたい化粧水口コミ人気ランキング

50代の乾燥肌の人の上手な乳液の選び方

乾燥肌に悩まされている50代の乳液選びでは肌にフタをする本来の効果に加えて保湿効果をどれだけ得ることができるかが最大のポイントとなります。乾燥肌を改善するためには保湿対策が欠かせないわけですが、かなり乾燥が進行した50代の肌の場合、化粧水と美容液での対策だけでは十分な改善効果が期待できない面もあるからです。

50代の乾燥肌の人は乳液の本来の役割である皮膚表面にフタをする効果を重視

乾燥肌の乳液

まず乳液本来の役割である皮膚表面にフタをする効果を重視しましょう。50代の乾燥肌の大きな問題点はたんに乾燥しているだけでなく、水分を溜め込む保水力が低下していることです。

 

老化の影響で角質層で水分を溜め込み、蒸発するのを防いでいるセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸といった成分が減少・不足してしまっているため、せっかく水分を補っても効果が長続きせず、さらに有効成分もすぐに蒸発して失われることで効果を十分に得ることができません。それを防ぐためにも化粧水を使用した後に乳液でフタをして蒸発しない環境づくりが求められます。

 

このフタをする効果に関しては油分がどれだけ含まれているかが大事なポイントです。基本的には油分が多ければ多いほどフタをする効果に優れているわけですが、あまり多いとベタつきなどの不快感の原因となります。

高価な化粧水・美容液を使っているのに効果を実感できない場合は保水力の低下が問題

50代乾燥肌の化粧品

またクリームも併せて使用する場合にはそのバランスにも考慮する必要が出てきます。この点は自分の肌の乾燥状態を踏まえておくこと、そして実際に製品を使ってみて使い心地を確認しておくことが必要です。

 

現在では油分が多めながらさっぱりとした使い心地のものも増えています。高価な化粧水・美容液を使っているのにいまいち効果を実感できない、という方は保水力の低下によって有効成分が失われてしまっている可能性があるのでこの点をチェックしておきましょう。

 

もうひとつ大事なのが保湿効果です。50代の乾燥肌では乳液でも保湿対策を行っていけるかどうかが重要です。とくに重視したいのがセラミド。脂溶性の細胞間脂質のこの成分は油分が多いアイテムとの相性がよく、化粧水・美容液よりも乳液・クリームで補ったほうが高い効果が期待できるとも言われています。セラミドがどれだけ含まれているか、そして浸透力も含めてどれだけ効果が期待できるのかをしっかりと確認しておくことが必要です。

50代の乾燥肌の人の上手な美容液の選び方

乾燥肌のスキンケアの鍵はなんといっても保湿対策ですから、美容液選びでもまず保湿力にどれだけ優れているかどうかをチェックしましょう。

50代乾燥肌の美容液選びでは浸透力や効果の持続性も要チェック

乾燥肌の美容液

50代の保湿対策のポイントは老化の影響で失われてしまった角質層内の保湿成分をいかにうまく補っていけるかどうかがポイントです。

 

20代の頃に比べて含有量が半分以下になってしまっているとも言われており、それが乾燥を加速させる要因となっています。とくにセラミドコラーゲンヒアルロン酸は肌の保湿力に大きく関与しているうえに年齢によって減少しやすい成分だけにうまく補える美容液が求められます。

 

この点に関しては含有量をチェックするのはもちろん、浸透力や効果の持続性も見ておきたいところです。

 

せっかく有効成分を補っても角質層の隅々にまで浸透しなければ十分な効果は期待できません。そのためには保湿成分の種類や処方にも目を向けましょう。セラミドの場合はヒト型セラミドがもっとも浸透性と効果が期待できるタイプですから、これが配合されているかどうかがまず第一のチェックポイントとなります。

50代乾燥肌は保湿成分の種類と浸透性も重要となってくる

50代乾燥肌の化粧品

またセラミドは性質によってもいくつかの種類に分けられるため、乾燥肌対策にとくに適しているといわれるセラミド1、セラミド3、セラミド6Uといったタイプがお勧めです。

 

一方コラーゲンとヒアルロン酸に関しては分子量が大きいと浸透しにくくなるため、ナノ化などの技術で分子量を小さくしたものがお勧めです。コラーゲンに関してはもともとの分子量が小さい海洋性(マリン)コラーゲンが使用されたものを選びましょう。

 

もうひとつ、ターンオーバーの改善効果も50代の乾燥肌対策における大事な点です。ターンオーバーが低下すると新しい肌と古い肌の入れ替わりがスムーズに進まなくなるので紫外線のダメージの蓄積などによって乾燥しやすくなるほか、ターンオーバーの過程で生成される天然保湿因子(NMF)の含有量も減少してしまいます。EGFやプラセンタエキスといったターンオーバーの活性化に役立つ成分が含まれているかどうかも保湿効果と併せてみておきましょう。

50代で使ってみたい美容液口コミ人気ランキング

50代の乾燥肌の人の上手なオールインワンの選び方

50代の乾燥肌にはオールインワンが適しているといわれていますが、その一方では適切な製品を選ばないときちんとケアができなくなるという悩みもあります。それだけにオールインワンのメリット・デメリットをよく把握した上で自分にとって最適なものを選ぶことが大事です。

50代乾燥肌は摩擦による刺激を軽減できるオールインワンがおすすめ

乾燥肌のオールインワン

オールインワンの大きなメリットは1本でひと通りのケアを済ませることができるため摩擦による刺激を軽減することができる点です。

 

刺激に敏感になった50代の肌にとってはとくに魅力となる面なのですが、1本で済ませるため肝心の保湿対策がしっかりできるかどうかが鍵となります。いくら摩擦による刺激が少なくても十分保湿ができなければバリア機能の低下を改善できず紫外線や洗顔、メイクの刺激で肌に負担がかかってしまいます。

 

それを防ぐためにも保湿成分がしっかりと配合されていることが大前提となるわけですが、50代の場合は加えてエイジングケアも視野に入れていく必要があります。

 

ターンオーバーが乱れていれば乾燥した肌がいつまでも残って蓄積してしまいますし、肌の保湿を担う天然保湿因子(NMF)の生成量も低下してしまいます。保湿成分に加えて老化して衰えている肌そのものをケアできるかどうかも確認しておきましょう。

50代乾燥肌はあまり多くの成分が配合されていないオールインワンを選ぶ事も大事

50代乾燥肌の化粧品

スキンケア製品を単品で使用する場合、化粧水で肌の調子を整え、美容液でエイジングケアを行い、乳液・クリームで保湿を行う、といった役割分担が可能です。しかしオールイワンでは当然これらの役割を1本で済ませることになるだけに幅広い効果を視野に入れて選んでいかなければならないわけです。

 

その一方、あまり多くの成分が配合されていないものを選ぶことも大事なポイントです。スキンケア製品はいくら低刺激な成分でもたくさんの種類が配合されていればいるほど肌への負担が大きくなります。

 

また配合された成分の品質やバランスを維持するために防腐剤などの添加物が配合される機会が多くなります。ですから必要最小限の成分だけに厳選したシンプルなオールインワンが求められます。

 

このように、50代の乾燥肌のオールインワン選びでは最小限の内容で最大限の効果を求められる面があります。少し難しい面もありますが、ぜひ自分に合った製品を見つけていきたいところです。

50代で使ってみたいオールインワン口コミ人気ランキング

50代で使ってみたい保湿化粧品口コミ人気ランキング

コスメルジュ編集部が選んだ!50代におすすめの化粧品

パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル

パーフェクトワン モイスチャージェル

4000万個突破!たるみとシミを同時に防ぐ日本で最も売れているオールインワン
4,500円→3,700円・税別 ※初めての方限定/定期コース初回2,250円(2回目以降10%OFF)税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

資生堂 プリオール

60代化粧品トライアルプリオール

シミ・しわ・たるみ…大人の七難を隠す50代からの資生堂の化粧品ブランド
プリオールスキンケアお試しセット1,080円・税込
(メーク落とし洗顔石鹸8g・化粧水30ml・薬用乳液(日中用)5ml・乳液7ml)
>>公式HPで詳しく見てみる!

F.A.G.E.(エファージュ)

fage

たるみがちな目元口元にふっくらハリを生む!話題の酵母エキス配合化粧品
7日間お試しセット 1,300 円・税別
(メイク落としクリーム 18g・洗顔料 18g・保湿化粧水 15mL・美容液 7.2mL・保湿クリーム 4.5g・日中用クリーム 5g)
>>公式HPで詳しく見てみる!

資生堂 HAKU メラノフォーカスV

美白美容液haku

次々と増える隠れジミをブロック!13年連続日本で最も売れている美白美容液
2週間お試サイズ2,700円・税込 ※数量限定
>>公式HPで詳しく見てみる!

リソウ リペアジェル

リペアジェル

口コミで50万本!コラーゲンの減少を防ぐ1滴の水も加えない高濃度美容液
たっぷり2週間お試しに今ならリペアウォーター(化粧水)もついて1,980円!通販限定
>>公式HPで詳しく見てみる!

baベーシックトライアルセット