ついにネット販売を開始したアノ話題のシワ改善化粧品を使ってみました!

pola リンクルショット レビュー

日本で初めてシワ改善に効果ありと認められた「ポーラ リンクルショット メディカル セラム」。店舗販売のみすでに86万人がその効果を体験した話題の美容液がいよいよネット販売開始!

実際に使ってみて分かったリンクルショット メディカル セラムのメリット・デメリット、ちょっとした工夫でシワ改善効果を高める上手な使い方などをまとめてみました!
編集部のレビュー体験談がこちら!>>

50代敏感肌の人の失敗しない化粧品の選び方

50代の敏感肌の人の上手な洗顔料の選び方

50代は敏感肌が加速する時期ですから、刺激に敏感になった状態を刺激しないよう洗顔料選びに注意する必要があります。洗顔はスキンケアの土台ですから、この段階で肌に負担をかけてしまうようだとその後のケアがうまくできなくなります。

50代は洗浄力の強すぎる洗顔料に注意

50代基礎化粧品敏感肌と洗顔料

もっとも注意が必要なのは洗浄力と刺激が強すぎる洗顔料は避けること。敏感肌が悪化すると化粧水や美容液が使えなくなってしまい恐れがあります。

 

ポイントは適度な洗浄力を備えていることと添加物ができるだけ含まれていないことです。

 

洗顔料といえば洗顔フォームが一般的ですが、じつは洗顔フォームは敏感肌の方にはあまり適しません

 

手軽に利用でき、泡立てやすいメリットがある一方、添加物が多く使用されていること、また刺激が強い界面活性剤を使用していることが多いため、不用意に使用すると敏感肌に負担をかけてしまう恐れがあるのです。

 

それからもうひとつ注意したいのが泡タイプの洗顔料。

 

ポンプから出てきた泡をそのまま使用することができるため、敏感肌にも適しているイメージもありますがこうした製品には泡立ちをよくするための添加物が配合されているケースが多いため刺激に注意が必要なのです。

石鹸タイプは汚れを落としやすい

50代基礎化粧品敏感肌と洗顔料

ではどんな洗顔料がいいのか。もっとも適しているのは石けんタイプです。

 

泡立てるのに少々時間がかかりますが、濃厚で持ちがよく、しかも粒子が細かい泡ができるので指で擦ることなく泡の吸着力で汚れを落としていくことができます。

 

粒子が細かいと毛穴の奥までしっかりと入り込んで汚れを落とせるため、敏感肌の方に多く見られる毛穴の柔軟性が失われたために細く狭くなった毛穴に汚れが詰まりやすくなる問題も改善できます

 

なお50代の洗顔料選びといえば抗酸化成分や保湿成分といった老化対策にも役立つ成分も欲しいと考える方も多いかもしれません。

 

しかし敏感肌の場合はあくまで肌に負担をかけずに洗うことを最優先に考え、肌環境の改善は化粧水や美容液で行って言った方がよいでしょう。

 

あまり欲張ると有効成分の刺激で肌に負担をかけてしまう恐れがあります。

  • 50代敏感肌は適度な洗浄力を備えている洗顔料を選ぶこと
  • 50代敏感肌は添加物ができるだけ含まれていない洗顔料を選ぶこと
  • 50代敏感肌は石鹸タイプの洗顔料がおすすめ

50代で使ってみたい洗顔料口コミ人気ランキング>>

50代の敏感肌の人の上手な化粧水の選び方

敏感肌の化粧水選びの最大のポイントはまずなんといっても洗顔後に敏感になった肌を保護することができるかどうかです。とくに50代の肌は老化によって角質層の保湿成分が減少していたり、皮脂の分泌量が減少しているため水分が急速に失われてしまう状況にあります。

50代は敏感な状態に使える低刺激な洗顔料を

50代基礎化粧品敏感肌と化粧水

それを防ぐためも洗顔後はできるだけ早く化粧水を使用すること、そして水分が失われないようしっかりとフタができる製品を選ぶことが第一です。

 

まず肌に不要な刺激を与えないことが最優先です。洗顔後は皮脂が除去されセラミドが流出してしまっているのでもっとも刺激に対して敏感な状態になっています。

 

そのため肌に合わない化粧水を使用するとその段階で肌荒れなどのトラブルの原因となります。

 

使用したときにピリピリする感覚がある場合には避けた方がよいでしょう。

 

逆に洗顔後のツッパリ感が解消されない場合は化粧水本来の効果が得られていない可能性もあるので気をつけたいところ、このあたりの感触は実際に試してみないとわからない面もあるので注意が必要です。

50代の敏感肌に美容成分ですら刺激になることも・・

50代基礎化粧品敏感肌と化粧水

この化粧水の刺激に関しては肌に刺激をもたらす添加物に注意することはもちろん、有効成分の内容にも気を配りましょう。

 

現在では肌の負担になる添加物を配合している化粧水は少なくなっていますから、敏感肌の場合は有効成分が肌に負担をかけたりしないかどうかをとくに気をつけたいところです。

 

たとえばエタノール。肌を引き締める優れた効果を備えており、収れん化粧水によく見られますが、一方で水分を蒸発させてしまう効果もあるので敏感肌の方には適しません

 

もうひとつ、50代の敏感肌対策には保湿対策が欠かせませんが、化粧水によく配合されるヒアルロン酸、コラーゲンといった保湿成分はもともと分子量が多く、浸透しにくいという難点を抱えています。

 

とくに老化と乾燥で毛穴の柔軟性が失われた肌は有効成分が浸透にしにくい面があるのでナノ化など分子量を小さくして浸透性をアップさせるといった工夫を行った化粧水を選んでいきましょう

  • 50代敏感肌は水分が失われないようしっかりとフタができる化粧水を選ぶこと
  • 50代敏感肌は化粧水に含まれる添加物、特にエタノールに注意すること

50代で使ってみたい化粧水口コミ人気ランキング>>

50代の敏感肌の人の上手な乳液の選び方

乳液の基本的な役割は化粧水や美容液で補った水分や有効成分が蒸発して失われないようフタをすることです。とりわけ50代の肌は水分を保つ能力が損なわれているため、しっかりとフタをしないとせっかくの有効成分の効果が長続きしません。

50代敏感肌は乳液とクリームの組み合わせも大切

50代基礎化粧品敏感肌と乳液

ただし50代の敏感肌の場合はこのフタをする元々の役割に加えてさらに一歩踏み込んだ役割を乳液に求めたいところです。

 

化粧水や美容液では十分にカバーしきれない部分を乳液で補うためです。

 

乳液のスキンケア効果に注目が集まっていますが、その大きな理由がセラミドとの相性のよさです。

 

細胞間脂質の一種で、角質層の内部において保湿とバリア機能の維持を担っているこの成分は30代前後を境に加齢とともに失われていくようになります。

 

50代になるとその減少がかなり加速することで敏感肌をはじめさまざまなトラブルの原因となってしまうのです。

 

セラミドを補充することば敏感肌だけに限らず50代のエイジングケアにおける最大の鍵といってもよいものですが、細胞間脂質なので油溶性であるという大きなポイントがあります。

 

そのため水分が大半を占める化粧水よりも油分の含有量が多い乳液の方が補う手段として適しているのです。

 

この点はより油分が多いクリームともうまく組み合わせながら補っていくことで敏感肌の乾燥とバリア機能の改善に役立てていくことができます。

50代の敏感肌に適量の油分が補えるものを選ぶ

50代基礎化粧品敏感肌と乳液

このセラミドの補充効果に加えて水分と油分のバランスを調節する効果もよくチェックしておきましょう。

 

この点もクリームとの組み合わせが大きな意味を持ちますが、フタをするだけでなく肌全体に油分を補充することで水分を保持する能力を高めバリア機能の改善に役立てていくことができます

 

あまり油分が多い製品を選ぶとベタつきの問題も出てきますから、自分の好みに合った範囲でしっとりタイプの乳液を選ぶようにしましょう。

 

最近ではさらに一歩踏み込んで抗酸化成分や美白成分を配合した乳液も登場しています。

 

とくに抗酸化作用はエイジングケアに役立つだけにチェックしてみるとよいかもしれません。

  • 50代敏感肌はセラミド配合の乳液で乾燥とバリア機能の改善をすること
  • 50代敏感肌は乳液とクリームを組み合わせながらケアすること

50代で使ってみたい乳液口コミ人気ランキング>>

50代の敏感肌の人の上手な美容液の選び方

美容液はスキンケアの中心といえるものですから、敏感肌でも安心して利用できる製品を選ぶのはもちろん、より積極的に敏感肌の改善に役立てられるような製品を探していきたいところです。

50代敏感肌は浸透性の高い保湿美容液を

50代基礎化粧品敏感肌と美容液

敏感肌対策の基本となるのはやはり保湿対策です。

 

セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分をいかにうまく補うことができるかが美容液選びの最大のポイントとなるでしょう。その場合、浸透性や効果を考慮したうえでうまく選んでいきましょう。

 

たとえばセラミドではヒト型セラミドがもっとも効果が高いといわれていますが、敏感肌の方にはより刺激が少ないコンニャク由来のセラミドが適しているとも言われています

 

このあたり自分がどの程度刺激に敏感な状態になっているのかを考慮しつつ、最大限の効果が得られるものを選びたいところです。

 

ヒアルロン酸とコラーゲンに関しては分子量を小さくするなど浸透性を向上させる処方が行われているかどうかを見ておきたいところです。

 

ただし、50代の敏感肌は保湿対策だけでは十分ではありません。

 

老化の進行によって保湿力やバリア機能が低下しているため、エイジングケアもうまく取り入れたうえで肌環境の改善を目指していく必要があるからです。

 

このエイジングケアのポイントは2つ。まず抗酸化成分によって老化の進行を遅らせること。ビタミンC誘導体やアスタキサンチン、コエンザイムQ10、フラーレンといった抗酸化成分で老化の原因となる活性酸素を抑制しましょう。

50代敏感肌は美容液でターンオーバーを活性化させることが大切

50代基礎化粧品敏感肌と美容液

ふたつ目のポイントはターンオーバーの活性化を目指すこと。

 

ターンオーバーによって新しく健康な肌と乾燥とバリア機能の低下が進んだ肌の入れ代わりが行われていればよいのですが、年齢を重ねるにつれてターンオーバーの周期に乱れと遅れが見られるようになります。

 

20代までは28日と言われる周期も50代になると50日以上にまで延びてしまうといいます。その大きな原因となるのが皮膚細胞の活動の低下と真皮層のコラーゲンとエラスチンの減少です。

 

EGFやプラセンタエキスのような皮膚細胞の活動を活性化させる成分やレチノール、ビタミンE、ビタミンC誘導体といったコラーゲン、エラスチンの生成を促す成分も美容液でうまく取り入れていきたいところです

  • 50代敏感肌は保湿成分だけではなくエイジング成分も配合された美容液を選ぶこと
  • 50代敏感肌は美容液でターンオーバーの乱れを改善

50代で使ってみたい美容液口コミ人気ランキング>>

50代の敏感肌の人の上手なオールインワンの選び方

敏感肌にはオールインワン化粧品が適しているとよく言われます。とりわけ40代、50代の場合はエイジングケアの観点から見てもオールインワンが最適と言われています。しかしオールインワンにはメリット・デメリットがあるため、それを踏まえたうえで50代の敏感肌対策に適した製品を選んでいくことが大事です。

オールインワンは摩擦を受ける回数が減らせる

50代基礎化粧品敏感肌とオールインワン

最大のメリットは摩擦による刺激を軽減できる点です。

 

1本でひと通りのスキンケアを済ませることができるため、化粧水や美容液を塗付する際に毎回肌を摩擦するのに比べて刺激を最小限に抑えることができるのです。

 

ですからこのメリットを最大限に活かせるよう伸びと馴染みがよい製品を選びましょう

 

塗付しにくい製品だとムラなく塗るのに何度も摩擦しなければならずせっかくのメリットを活かせません。

 

それから効果と配合成分のバランスをよく考慮して選ぶこと。簡単に言えばできるだけ配合成分ができるだけシンプルな製品の方が敏感肌には適しています。

 

オールインワンといえば1本で幅広い効果をもたらすためさまざまな成分が配合されている傾向が見られますが、それがかえって肌に負担をかけてしまう恐れがあるのです。

 

スキンケア製品はいくら安全な成分であっても多数の種類が配合されればされるほど刺激が強くなる傾向が見られます

 

加えて多くの成分が共存した状態で品質を維持するためには防腐剤などの添加物が必要になりますから、敏感肌には適さない面もあるのです。

そのオールインワンがメインにしている効果が何なのかをチェック

50代基礎化粧品敏感肌とオールインワン

このシンプルなオールインワンを選ぶ際にはどの効果をメインにしているのかを見極める必要があります。

 

配合されている成分が限られている分、特定の効果を重視した製品が多くなるため、保湿効果を重視するか、エイジングケア効果を重視するかで選択の基準が異なってきます。

 

かゆみや細かいシワなど乾燥がもたらすトラブルを抱えている方は保湿効果を重視、たるみや深く刻まれるシワなど老化がトラブルの原因になっている場合にはエイジングケア効果を重視するなどの工夫をしてみましょう。

 

1本でケアを済ませるため取替えがかきない分、最適な製品をしっかり選んでいくことが求められます

  • 50代敏感肌は伸びと馴染みがよいオールインワンを選ぶこと
  • シンプルなオールインワンを選ぶ際にはどの効果をメインにしているのかを見極める必要がある

50代で使ってみたいオールインワン口コミ人気ランキング>>

50代の敏感肌の化粧品選びとQ&A記事一覧

敏感肌とはどのような状態のことを言うのでしょうか。実際に敏感肌に悩まされている方にとっては「ちょっとした刺激にすぐに肌荒れを起こす」「肌に合うスキンケア製品選びに苦労させられる」といった日常生活で遭遇する悩みからある程度状態を理解することができますが、適切な対策を行うためには肌の状態の正確な理解がやはり必要です。敏感肌は肌内部の水分減少によりバリア機能が低下し、刺激に敏感になっている状態敏感肌とは...

敏感肌対策の成否は保湿にかかっているといっても過言ではありません。日々のスキンケアで保湿対策をしっかり行うほか、生活習慣でもできるだけ肌の保湿を維持できるような環境づくりが求められます。敏感肌で保湿がもっとも重要な理由はそもそも乾燥が原因で敏感肌になるケースが圧倒的に多いからです。乾燥が進行すると肌のバリア機能も低下し、ちょっとした刺激に対して過敏に反応してかゆみや炎症が起こるようになります。その...

敏感肌は薄めのメイクを心がけるのが鉄則ですが、だからといってメイクを十分に行えないのではオシャレを楽しむことができなくなってしまいます。できるだけ肌に負担をかけずにうまくメイクを行っていく工夫が必要です。そんな敏感肌の上手なメイク術の第一歩は基礎化粧品でのスキンケアにあります。敏感肌の場合はます摩擦による刺激を最小限に抑えることが重要です。できるだけメイクをしっかり行いたい場合にはオールインワン化...

美白化粧品の最大の問題といってもよいのが美白効果につきまとう肌への刺激の問題です。美白化粧品はハイドロキノンに代表されるように美白効果が高ければ高いほど肌への刺激も強い傾向があります。そのためシミを何とかしたいからといって美白効果の高さばかりを追求するわけはいかず、無理なく使い続けられるかどうかも考慮したうえで選んでいく必要があるのです。現在は敏感肌でも使える低刺激な美白化粧品が増えてきているこの...

刺激に敏感な敏感肌だとメイクも満足にできない、ファンデーションの段階で肌に負担がかかって使えない、というケースも少なくありません。刺激が気になって化粧水やクリームを使うだけで終わりという方も多く見られます。敏感肌でも使えるファンデーションは油分が少なく肌に負担にならないファンデーションただ近年では敏感肌向けの製品が増えており、ファンデーションにも敏感肌用の製品がさまざまなブランドから発売されていま...