コスメルジュ編集が選んだ50代におすすめBB・CCクリーム

ラウディBB&CCクリーム

BBのカバー力とCCの薄付き感!スキンケア効果で肌負担も少ない化粧下地

ラウディBB&CCクリーム

ナチュラルベージュを使用中です。確かにBBクリームとCCクリームのメリットが合わさった感じ!伸びがよくカバー力があるのに厚塗り感がでないので、シミなど気になるところは多少重ね付けしても重たい感じがしませんでした。自然なツヤもでます。よれやすい時期は上からパウダーをしてあげると化粧もちもよりよくなります。

美容液ベースの化粧下地。オイルの粒子を通常の10倍以上の時間をかけ細かな粒子にすることで、BBクリームのオイル量とCCクリーム並みの水分量を実現、それによってBBクリームのカバー力とCCクリームの透明感を両立しているのが特徴です。美容液ベースなので肌負担も少なく、カバー力を重視すると肌が荒れてしまう、厚塗り感が出るのが気になる50代にぴったりの下地です。
2800円・税別(水素水+メイクポーチプレゼント中!)30日間全額返金保証付
公式HPへラウディ BB・CCクリーム

資生堂 プリオール 美つやBBジェルクリーム

6役を1本で!滑らかで自然なツヤが小じわ・シミ・くすみをしっかりカバー

資生堂 プリオール 美つやBBジェルクリーム

薄付きですがしっかりくすみを飛ばしてくれます。ジェルクリームなのでよれやすさが心配でしたが、乾燥肌の私は全く問題なし。つやっとした肌になりますが、テカリとはまた違いメイクがよれている感覚はありません。もはやみずみずしさのおかげでクーラーのきいた部屋に1日いても乾燥を感じることはなくなりました。

BBクリーム特有の厚塗り感、伸びの悪さが一切ないBBジェルクリーム。なめらかで伸びの良いジェルクリームなのでうるおいを与えつつ、ハイライト効果で50代の小じわやシミ、くすみをカバーする特徴があります。またみずみずしいつけ心地なので、「塗りました感」がでないのも魅力。ナチュラルに年齢サインをカバーしたい人におすすめのBBクリームです。
3,240円・税込
公式HPへ

米肌 -MAIHADA 澄肌CCクリーム

業界最高値のUVカット効果!カバー力と透明感を両立させた人気のCCクリーム

米肌 -MAIHADA 澄肌CCクリーム

色は少し暗めですが、どんな肌にも馴染みやすいかなと思います。実際つけてみると薄付きでもあるので。なのにくすみや毛穴をしっかりカバーしてくれます。これ一つで上からパウダーを重ねたようなさらさら感がでるので化粧ヨレもしにくかったです。お値段は少し高く感じてしまいましたが、これ1本でベースメイクが完成できるのでいいかな。

1本でクリーム・日やけ止め・化粧下地・ファンデーション・フェイスパウダーさらにコンシーラーの役割も果たすCCクリーム。3種類のコントロールカラーを配合しているので赤みや色ムラをカバーして透明感を与えるだけではなく、血色感をだすことでより自然にカバーする特徴があります。国内最高レベルのSPF50+・PA++++なのに無添加処方なので、50代の敏感肌にもおすすめです。
3,500円・税別
公式HPへ

エバーピンク サンスクリーンα(CCクリーム)

大気汚染やブルーライトからも守る!1本で8役の無添加多機能CCクリーム

エバーピンク サンスクリーンα(CCクリーム)

紫外線やほこりだけではなくブルーライトもカットしてくれるので、ほぼ毎日使っています。使用感も滑らかでべたつかず、肌表面はさらっとしているので1日中つけっぱなしでも肌負担が少ないです。どちらかというとスキンケア化粧品を塗っているような感覚。肌の凹凸や色むらが綺麗にカバーできました。爽やかな香りもお気に入りです♪

日焼け止めからブルーライト対策、肌補正まで!1本で8役の効果を持つ多機能CCクリーム。天然由来成分でつくられたミルクタイプのクリームなので、潤うのにべたつきにくく凹凸や肌色を補正してくれるのが特徴です。紫外線や大気汚染だけではなく、ブルーライトからも肌を守ります。石鹸で落とせるので、顔だけではなく体のシミや色素沈着を隠したいときにも活躍するCCクリームです。
2,750円・税別
公式HPへ

 

※@コスメや楽天レビューなどを参考に自分たちで実際に使ってみた感想、アンケート結果を元に50代におすすめのBBクリーム・CCクリームを独自に選んでみました。
掲載した口コミは各公式HPまたはレビューサイトから一部抜粋しております。価格やキャンペーン情報などは変更している場合がありますので公式サイトで最新の情報をご確認下さい。

50代のBBクリーム・CCクリームの選び方・使い方

もともと韓国コスメの代表格として注目を集めるようになったBBクリームですが、現在では幅広い層で使用される機会が増えています。とくに年齢肌のケアに適しているメリットが知られることで40代・50代の間で人気が高まっています。

BBクリームを選ぶ際は使い勝手と肌馴染みのよさをチェック

50代のBBクリーム・CCクリーム

このBBクリームとCCクリームは似たような印象も受けますが役割や効果にはかなりの違いが見られます。どちらかを使うか、どのように使うかをよく踏まえたうえで賢く使っていきたいところです。

 

BBクリームの魅力は優れたカバー力にあります。ですからシミ、シワ、毛穴の開きといった悩みを抱えている方に向いており、製品を選ぶ際にはカバー力をまずチェックしてみましょう。ただBBクリームは優れたカバー力を備えている一方でテクスチャが硬く思いという難点も抱えています。

 

そのためムラなく伸ばしにくい、厚塗り感が出やすいといった使い方の難しさも出てくるため、使い勝手の良さや自分の肌に馴染むかどうかといった点も意識して選んでいく必要が出てきます。少々難しい面もありますが口コミなどの評判も踏まえた上で製品を比較検討していきましょう。

 

また保湿成分を配合している製品もあるので乾燥やバリア機能の低下に悩んでいる方は子のタイプも選択肢に加えておきましょう。

 

一方CCクリームは肌の色を補正する働きに優れた製品です。くすみやクマの悩みを抱えている、年齢を重ねるにつれて肌のトーンが暗くなってきているといった方に向いているでしょう。

 

テクスチャが軽く自然な仕上がりにできるのも魅力なので厚塗り感は避けたい、ナチュラル感を重視したい方にも適しています。

CCクリームは併用するアイテムとの相性も踏まえて選ぶこと

50代のBBクリーム・CCクリーム

ただカバー力に関してはBBクリームに比べて落ちるのでシミやシワの悩みをこれだけでカバーすることは難しく、コンシーラーやフェイスパウダーが必要になります。その分手間がかかりますし、併用するアイテムとの相性も踏まえたうえで製品を選んでいく必要が出てきます

 

メイクが崩れやすい、白浮きしやすいといった面もあるので使い勝手の良さや持続性も見ておきたいところです。

 

このように目的によってBBクリーム、CCクリームのどちらが適しているのかが異なるうえにそれぞれメリット・デメリットを抱えています。

 

どちらも50代の肌に適している一方で50代の肌の悩みすべてをカバーしてくれるわけではないことを踏まえたうえで自分がまず改善したい部分、カバーしたい部分を重視して適したほうを選んでいくようにしましょう。

 

BBクリームは厚塗りを避けてできるだけ自然な仕上がりを目指す、CCクリームはコンシーラー、フェイスパウダーとうまく併用して仕上げるといった使い方の工夫も問われるでしょう。
コスメルジュ編集部が選んだ!50代におすすめ化粧品>>

コスメルジュ編集部が選んだ!50代におすすめの化粧品

B.Aベーシックセット

ポーラ最高峰ブランド「B.A」の5品をラインで2週間じっくり試せるセット
2週間お試しセット10,800円・税込 ※通販限定
(B.Aクレンジング・B.Aウォッシュ・B.Aローション・B.Aミルク・B.Aクリーム)
公式HPで詳しく見てみる!>>

パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル

パーフェクトワン モイスチャージェル

4000万個突破!たるみとシミを同時に防ぐ日本で最も売れているオールインワン
4,500円→3,700円・税別 ※初めての方限定/定期コース初回2,250円(2回目以降10%OFF)税別
公式HPで詳しく見てみる!>>

資生堂 プリオール

60代化粧品トライアルプリオール

シミ・しわ・たるみ…大人の七難を隠す50代からの資生堂の化粧品ブランド
プリオールスキンケアお試しセット1,080円・税込
(メーク落とし洗顔石鹸8g・化粧水30ml・薬用乳液(日中用)5ml・乳液7ml)
公式HPで詳しく見てみる!>>

F.A.G.E.(エファージュ)

fage

たるみがちな目元口元にふっくらハリを生む!話題の酵母エキス配合化粧品
7日間お試しセット 1,300 円・税別
(メイク落としクリーム 18g・洗顔料 18g・保湿化粧水 15mL・美容液 7.2mL・保湿クリーム 4.5g・日中用クリーム 5g)
公式HPで詳しく見てみる!>>

リソウ リペアジェル

リペアジェル

口コミで50万本!コラーゲンの減少を防ぐ1滴の水も加えない高濃度美容液
たっぷり2週間お試しに今ならリペアウォーター(化粧水)もついて1,980円!通販限定
公式HPで詳しく見てみる!>>